最終更新日 2017.9.20
上記情報はPDFファイルで掲載しています。

公益財団法人 城北労働・福祉センター 〒111-0021 東京都台東区日本堤2-2-11 TEL 03-3874-8089 FAX 03-3871-2460
Copyright Johoku Labor and Welfare Center. All Right Reserved.

              
                               

   4つの町会の他、いろは会商店街・城北旅館組合と城北労働・福祉センターが台東区の「花の心」
   プロジェクトとコラボし、山谷地域での「花いっぱい運動」を推進しています。

 
 
2017春夏花いっぱい運動&台東区「花の心」プロジェクト コラボ作戦(第二弾) 

     '16・秋冬花いっぱい運動「第一弾」で植栽したお花が、きれいに咲きました。新たに10基の花壇を
     設置しました。地域の皆さん、どうぞ温かく見守ってください。
 
 2017秋冬花いっぱい運動&台東区「花の心」プロジェクト コラボ作戦(第三弾) 
    春夏花いっぱい運動で植栽した朝顔、遅かったけれど利用者のご協力できれいに咲きました。
    
   
                  

    《統計速報》
     17.8月分速報 求人・求職 援護数
     '17.8月分速報 応急(宿泊+給食)援護数


     ’17.9.20(8月分) 
                  
 
   
 '17.6.12 Vol.53   
       第29回 桜橋花まつり
    
 ・ごみゼロキャンペーン(台東区)
      ・三社祭
    
 
                    
      新着情報

       <お知らせ>
       現在はありません。
         
                                 
      <広報誌>
      
17.9.20 第1104号
   
    
                 ★結核への対策について
     
 9月24日(日)から30日(土)は結核予防週間です。
         結核は、現在も毎年約2万人以上の人がかかっている病気で、決して過去の病気ではありません。
         薬を飲むことで治る病気となりましたが、治療せず放置すれば自分自身の命だけではなく、感染
         により周囲の人の命を危険にさらすことにもなるこわい病気です。

       ◆結核を早く見つけるためには
         年に1回は、必ずレントゲン検査(結核検診)を受けましょう。
         ※次のような症状が続く場合は必ず検査を受けましょう。
         ●体がだるい ●微熱が続く ●タンが出る(タンに血が混ざる) ●セキが2週間以上続く

       ◆結核と診断されたら
         結核の治療は、一定期間薬を飲み続けることが必要です。
         医師から「薬を飲むことを止めてもいい」といわれるまで、薬は飲み続けましょう。


        ■次回の荒川区結核検診は10月30日(月)に実施予定です。
         詳細は次回の「ひろば」にてお知らせします。

     ★秋の全国交通安全運動

       9月21日(木)~30日(土) 交通事故死ゼロを目指す日 9月30日(土)

       
 ◆運動の重点項目
        ①夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止 ②後部座席を含めた全ての座席
           のシートベルトの正しい着用の徹底 ③自転車を含む飲酒運転の根絶 ④二輪車の交通事故防止
        ◆ご自身が事故の加害者・被害者にならないためにも、交通ルールを守り安全運転に心がけましょう!!

  山谷対策を推進する

                since 2003 11.1

   城北労働・福祉センターでは、山谷地域の日雇労働者を対象とした労働と福祉が一体となった施策を進めています