利用者カードについて

● センターの利用者カード

  センターで相談・援護及び職業紹介を受けるには「
利用者カード」が必要です。また、新規にカードを作成するには、
 センター3階で相談することが必要です。



● 利用者カードの区分(2種類)

  ①利用者カード(一般用)

 
   ・平成23年度から写真を貼付しています

    


  ②利用者カード(高齢者用)

 
   ・高齢者特別就労事業の紹介を受ける際に必要です。
    ・55歳以上で「雇用保険日雇被保険者手帳」(=白手帳)を所持しない利用者が対象です。
    ・平成16年度から写真を貼付しています。


  


  ※平成24年度より、一般利用者カードと公共カードが統合されました。それに伴い、23年度まで使用していた
  公共輪番の名称が一般輪番に変更になりました。



● カード別紹介可能求人

   


※詳細は広報紙「ひろば」、センター掲示板等でご確認ください。